FC2ブログ
M女願望の初心者の調教部屋へようこそ。 大阪でM女初心者の悩みの相談・メール調教・個人調教をしています。 SMに興味、関心があるM女願望の貴女さんお気軽に相談して下さい。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

愛奴調教画像(スパンキング)

2005-04-27 Wed 14:36
aido163s.jpg

愛奴調教画像(スパンキング)
パイパン愛奴めぐみにお仕置きとしてスパンキングした時の画像です。
愛奴めぐみのお尻は、上の画像の通りぽっちゃりとして、シミ、吹き出物も無く、つき立てのお餅のように真っ白で綺麗なお尻です。
しかし、この日は、愛奴として、約束事を守らなかった、罰として、キツイスパンキングのお仕置きを与えた。
全裸のめぐみを四つん這いの格好で、スパンキングする。
始めは、私の手で、叩いていたが、30発ぐらいで、手が痛くなってきたので、スリッパで、叩く。
50発過ぎたあたりから、めぐみの苦痛に耐える喘ぎが、大きくなり、四つん這いの体制も1発打つ事に、お尻が下がり、苦痛から逃れようとする、防衛反応で、足もバタつかせている。
以前、愛奴あけみ(真性M女)に、スパンキングでの痛みの感想を聞いた事がある。
あけみが言うには、20発~30発ぐらいは、痛みの中に、お仕置きされている被虐感で若干の快感も存在しているので、歯を喰いしばり声を出さずに充分耐えることができる。
でも、50発過ぎれば、頭のてっぺんから、足の先まで、電気が走る痛みが襲ってくる。大きな声で叫び、身体を動かすことで、痛みを少しでも、緩和する、紛らわすことで、ひたすら耐えるだけです。
ご主人様にお許しを貰える事だけを信じて、我慢するだけです。
この時のスパンキング回数は、100発ぐらい叩いたと思います。
愛奴めぐみのお尻は、お猿のように真っ赤に腫れ上がりました。
aido161.jpg

この画像では、アップに撮っていないので解かりづらいですが、
近くでよく見ると、みみず腫れで、少し内出血してるところも有りました。
この後、腫れを引かせるため、冷たいタオルで、熱を持ったお尻を冷やし、少し休憩させた記憶があります。
お仕置きは、始めるのは簡単だが、終わる時の判断が、難しい。愛奴が、泣き出して可哀相だから、と早めに終われば、お仕置きに成らない。かと言って、愛奴が苦痛で本気で泣き出しているのに、続けるのは、拷問でお仕置きではない。
愛奴の性格、その日の体調、表情、喘ぎ声等、総合判断するしかないが、限界ぎりぎりまで耐えさせ、しっかり身体に教え込ませないと、愛奴は又同じ過ちを繰り返す事になる。
躾けとして、真剣なお仕置きが必要である。                            ・・縄指導・・
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
別窓 | 愛奴調教(あさみ) | コメント:0 | top↑

愛奴調教画像(お仕置き)

2005-04-18 Mon 01:49
20050417094228s.jpg

愛奴調教画像(お仕置き)

愛奴のお仕置きについて、私個人の考え方を書いてみました。

愛奴は、自分の意思で、ご主人様の命令に服従する事を誓って奴隷調教を受けています。

服従を誓っている愛奴がなぜお仕置きを受けるのでしょうか?

それは、愛奴がご主人様の命令に対して、服従しないのではなく命令を実行する意思はあるが、調教途中で愛奴の肉体が、快感、欲望に耐えきれずミスを犯してしまうことです。

愛奴が、ご主人様の許しを得ないで気持ち良くなり、自分の都合のいい時に勝手にいくということは、許されない行為です。
気持ち良くなり自由に好きな時にいけるのであれば、奴隷とはいえません。

愛奴あけみは、(ご主人様、お許し下さい。気持ちよ過ぎて勝手にいってしまいました。ごめんなさい。お許し下さい)幾度も哀願した。

この日愛奴あけみが、バイブ責めの時、珍しくミスを犯し許しを乞わず勝手にいった罰としてキツイお仕置きをされました。


しかし、この画像でどこがお仕置きでしょう?


愛奴あけみは、真性M女ですから、NGプレイ一切なしで命令に完全服従します。

鞭、スパンキング、蝋燭、浣腸等、ハード系の苦痛にも喘ぎ悶え涙流しながら失神するまで必死に耐える我慢強い愛奴ですが、唯一の弱点は、相手にされない、放置プレーです。

被虐的な責めを受ける事には耐えるあけみも、何もされず長時間ほったらかしが、一番耐え難い苦痛なのです。

愛奴によって、個人差がありますから、お仕置きも当然違ってきます。

愛奴を従順な奴隷に躾ける為、弱点、苦手な事をお仕置きとして与えることで、二度と同じ過ちを犯さない様に、肉体面・精神面両方にきっちり叩き込むのです。

ちなみに、この時、一時間ぐらい、このまま放置しました。
(サムネイル、クリックで拡大します。愛奴の顔は、お見せ出来ませんが、苦痛の表情の雰囲気は、解かると思います)

愛奴あけみの表情から限界を感じた私は、縄を解いてやると、あけみは、床に崩れるようにひれ伏し、涙声で、(ご主人様、お許し頂いて、ありがとうございます。二度と同じ過ちを犯すことはいたしません。ありがとうございます)
何度も何度も、二度と同じ過ちをしない事を私に詫びた。

お仕置きは、拷問でも、イジメでもありません。

ご主人様に、従順な愛奴になる為の大切な躾け行為です。                       ・・縄指導・・
別窓 | 愛奴調教(あさみ) | コメント:0 | top↑

| M女願望の初心者調教部屋 |

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。